生活困窮者の自立促進に向けた総合的な支援を行います

トップ > パーソナルサポートセンターとは > パーソナル・サポートセンターについて

パーソナル・サポートセンターやまぐちとは?

パーソナル・サポートセンターやまぐちでは、専門知識を有した相談支援員があなたに寄り添いながら、問題の解決に向け、共に考え行動していきます。

あなたひとりで悩まないで、気軽にご相談ください。

生活困窮者自立支援法の施行に伴い、山口市から委託を受け、地域の官民・NPO等と連携し、生活困窮者の自立へ向けて、総合的な相談支援を平成27年4月から開始。

困りごと・相談内容例


パーソナルサポートセンター


自立相談支援事業

生活に困ったときは、まずご相談ください

生活に困っている方が生活保護に陥ることなく、早い段階で自立した生活に戻れるように、専門性を有する支援員(主任相談支援員、相談支援員、就労支援員)が相談に応じます。その人が抱えるさまざまな問題に対応した支援へとつなげていきます。


住居確保給付金

働くために住む場所の確保を支援します

離職により生活に困って住居を失った方や、また住居を失う恐れの高い方に、安定した就職活動ができるように、期限付きで家賃相当額支給の相談・手続き等の支援をします。


一時生活支援事業

住居を失った生活困窮者に一時的に衣食住の支援を行います


平成30年度より新規事業が始まりました!!


就労準備支援事業

社会参加や就職を支援します

「社会との関わりに不安がある」、「人とコミュニケーションがうまくとれない」など、直ちに就労が困難な方へプログラムに沿って、一般就労に向けた基礎能力を養いながら就労に向けた支援や就労機会の提供を行います。


家計改善支援事業

家計の立て直しを支援します

家計状況を「見える化」して根本的な課題を把握し、相談者が自ら家計を管理できるように、状況に応じた支援計画の作成や法テラス等関係機関への紹介等を行い、早期の生活再生を支援します。